缶詰の温め方!湯煎で簡単に温めることができるんです!

夕食のとき、主人の実家からいただいてきた缶詰の牛タンを温めようと、缶詰を開けてお皿に移してレンジでチンしようとしたところ、、、

主人が、「何してんねん。湯煎すればいいやんけ。」と言ってきました ^^

え?

eb586a0801e5c2e686e45cacc628cada_s

缶詰って、湯煎できるの?
爆発しないの?え?

と若干混乱してしまった私。

それでも主人は、「湯煎できるでー。それが正しい食べ方や。」と自信ありげに言ってました。

しかし、やっぱり缶詰が爆発したら怖いので、今回はとりあえずお皿に移してレンジでチン!しました。

でも、主人の言うように缶詰を湯煎できたら本当に楽になるなーと思ったので、この機会に調べてみました。

これが、湯煎で缶詰を温める方法です!!

Sponsored Link

これが、湯煎で缶詰を温める方法だ!!!

まず、缶詰の大きさを確認し、缶詰の高さの半分ぐらいの水を鍋に入れて、お湯を沸かします。

缶詰は、蓋を少し開けておきます。ほんの少しでいいです。

蓋を開けた缶詰を沸騰したお湯が入っているお鍋に入れて、5分くらい温めます。お鍋の蓋はしたほうがいいみたいです!

5分後、、、

お皿に移したら、いい感じに温まっているみたいです。

私もまだ試していないので、実体験ではありませんが、結構いい感じで温まるようです。

こんな感じですね。

電子レンジでの温め方

今回は、缶詰からお皿に移して、ラップをして温めてみました。

そうしたら、レンジから「パン!」「パン!」という音が、、、。

ラップをしていないとレンジ内が大変なことになるところでした 汗。

やはり、電子レンジで缶詰を温めるときには、必ず

①お皿に移して
②ラップをしておく

ことが大事です!

Sponsored Link

直火はいけないのか?

バーベキューなどでは直火で缶を温めるようです。

それはそれで大丈夫なようですが、長時間だとよくないみたいです。

短時間で温めて、さっと火から降ろすことがポイントです。

そのときは、必ず蓋を開けておく!ことが大事です。

まとめ

最近は、本当に充実してきた缶詰たち。

定番のいわしやお肉類などはもちろん、イナバのカレーなどバラエティ豊富になりましたよね!

仕事で遅くに帰ってきても、温めてすぐに食べる事ができる。

働く主婦にとっては便利なアイテムです。

お皿に移して、レンジでチンして、、、というのは私的には結構面倒なことなので、

湯煎できるのはとてもありがたいです!

湯煎するときは、必ず缶詰の蓋を開けてください!

そうしないと、爆発してしまいます。。

ぜひお試しください!

私も試してみまっす!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする