沖縄「浜屋そば」のソーキは軟骨トロトロ!海が近い最高のロケーション!

久しぶりに、沖縄県の北谷町にある浜屋そばに行ってきました〜!浜屋そばの近くには、海が見えるこんな素敵な場所がありますよ。

若い頃に通ったこの地域です笑。今回は、その時の懐かしい味を楽しみましたよ!

浜屋そばは、北谷町砂辺というアメリカ軍属の方が多く住んでいるインターナショナルな地域にあります。なので、歩いている人はアメリカ人や沖縄人、そして観光客(アジア圏など)も多く、かなりインターナショナルな雰囲気が感じられます。

そこは、海沿いに歩道があって本当に素敵な場所です。海は波が高いことが多いので、サーファーが波乗りを楽しんでいます。

では、そんな素敵な地域にある浜屋そばの、詳細をお伝えしますねー!

Sponsored Link

沖縄 浜屋そば

私が行ったのは、平日金曜日14時ごろでした。店内は、5割ぐらいのお客様で、地元の人や本土から来た日本人客、そして韓国から来られたファミリーがいらっしゃいましたよ。

テラス席もありますよ。サーフィーンを終えた方などは、店内は入室禁止でテラス席でいただくようです。ボディスーツを脱がなくてもいいから、便利ですね!

まず、食券を購入します。

食券を購入したら、自由に席を選んで座りましょう。席に座ったら、店員さんが食券をもらいに来るので渡してください!

水はセルフサービスですので、どうぞご自由にお取りくださいね。

次はメニューです。座席にはメニューはありませんので、入り口と食券販売機でじっくり選びましょう!

沖縄 浜屋そば メニュー

浜屋そばのメニューは、日本語表記とは別に英語表記のものがあります。

今回、私は一番人気の「浜屋そば(大)」630円を頼みました。やっぱり、沖縄は安い!

待つこと5分ぐらいで、来ましたよ〜!

麺は縮れ麺です。

スープは、塩とんこつ味でした。塩味強めと感じましたよ。しかし、卵焼きがちょっと甘いので、いい塩梅の塩加減になっていました。

女性でもちょうど良い量です。

浜屋そばで、一番お気に入りなのが、軟骨がトロットロであること!

じっくり時間をかけて煮ているのか、骨という骨は全て食べることができました。うーん、美味しい!!

また行きたいなーと思います。

店内はこんな感じで、沖縄の典型的なそば屋という感じです。

オレンジレンジのジャケット写真に、こちらのお店が使われたようですねー。

有名人も多く来られるみたいです。壁にも色紙がたくさんありましたよ。

角テーブルには、定番のコーレーグース、七味唐辛子が置いてあります。

では、次は浜屋そばの駐車場事情についてお伝えしますね。

Sponsored Link

沖縄 浜屋そば 駐車場

駐車場は、お店から離れた場所にあります。歩いて2〜3分のところにあります。

私はここの駐車場には停めずに、海沿いの無料駐車場に停めました。砂辺の海岸沿いには駐車場がありますので、(少しは歩きますが)そこに停めて海の風景を楽しむこともいいと思います!

このブログ記事が詳しいです。本当にわかりやすいですよ!

沖縄そば有名店、浜屋そばの駐車場の場所はどこ?路駐は警察が巡回しているので注意!!

注意!お店の前に路駐すると警察の取り締まりに合います!

お店の前にずらっと車が停められております。お店にも近いので、ここ停めていいのかな?と思ってしまいますが、駐車禁止ですのでご注意ください!

「ちょっとだけ、、、。」と思っても、危険です!結構頻繁に警察が巡回しているようなので、ここはルールを守りましょう!

関連ランキング:沖縄そば | 北谷町

では、浜屋そばを堪能されたら、ちょっと散歩がてら砂辺の宮城海岸を歩いてみませんか?海がすぐ側にありますので、波の音と潮の香りを楽しむことができますよ!

砂辺の宮城海岸

こちらの砂辺海岸は、浅瀬の海底一帯にソフトコーラル(柔らかいサンゴの仲間)が群生す流、沖縄でも珍しい海岸とのことです。波も高いので、サーファーがよく波乗りをしています。何店かダイビングショップもありますので、やはりダイバーやサーファーには有名な場所なのかなと思います。

住所:中頭郡北谷町砂辺宮城
駐車場:海岸の道路沿いに50台以上(無料、夜間閉鎖

まとめ

沖縄の北谷町の有名な沖縄そばといえば、「浜屋そば」をあげる人も多いと思います。地元の人も観光客も、はたまたアメリカ人もよく訪れるお店です。

味も美味しいし、安いしオススメですが、駐車場は注意しましょうね!

そして、浜屋そばももちろん美味しいのですが、私が好きなのは、食べた後によく散歩した砂辺の宮城海岸です。潮風が心地よくて、普段の沖縄を味わえる場所だと思いますよ。

夏は暑いですが、夕方などはオススメです。次第に空が群青色になっていくのがロマンチックですよー。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする