准看護師になろうと思ったきっかけ④

スポンサーリンク

ということで、また引っ越した私。

今回は、主人が一般職になるということで
引っ越しすることはなくなったので、
腰を据えて、生涯働く事ができる仕事を探しました。

しかし、私が探したのは一般事務職。

ここでも、私の仕事探しの軸が定まっていない
ことがわかりますね 汗

今回も20社ぐらい受けて、正社員の営業事務として
採用されました。

その会社は、全国の主要都市に支店がある
会社でした。

私は、じっくり働きたいと思って
育児休暇が取れる会社を探していました。

私が入社したその会社も、育児休暇が取れるということで、
さらに実際に育児休暇を取った方もいました。

しかし、実情はやっぱり違いました。

育児休暇を取るぐらいなら、退社して欲しい
という方針を持った会社で、
その育児休暇を利用した人も、出産直前まで仕事して
2ヶ月で復帰したということでした。

私の家から通勤に1時間もかかるということと、
女性がながく働く事ができない職場だなと
思ったので、これからどうしようか、と
考える日々が続きました。

その職場は、雰囲気よく働きやすかったので
そのままがんばろうかなとも思ったのですが、
子どもをもったときに、子育てしながら
働くことがイメージできませんでした。
あまり通勤時間関係なく仕事を選べる仕事、
子育てなどに関係なく働ける、
パートや派遣など、色々な働き方ができるが収入面では
アルバイトと正社員の間でそんなにハンデがない仕事
はないかと考えていましたが、
結果、看護師しかないのだろうか、という結論に
達しました。

あんなにイヤだった看護師になろう、
と決めた瞬間でした。

自分の中で、看護師への道が決まった私は
会社を辞めようと決意しました。

会社を1年で辞め、その後すぐに
自分が看護師の仕事ができるかどうか確かめるために、
家の近くの小規模の病院でヘルパーとして働く
ことにしたのでした。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする