准看護学校の試験勉強!数学は基本的な問題を着実に解くべし!数学に関して使った参考書はこの2冊のみ!

引き続き、准看護学校に合格するための勉強方法です。

准看護学校の試験勉強に使った参考書はこれ!まずは過去問で出題傾向を知ることから!

自分が受験する予定の学校の受験科目を調べて、過去問等で自分の苦手分野を把握することが大切です。

私は、とにかく数学が苦手だったので、数学を底上げすることにしました。

受験を決意してから、実際の受験日まで確か4ヶ月ぐらいしかありませんでした。

ですので、ネットで准看護学校に合格した方や予備校の合格記などを読み込んでいくと、みなさんの合格要因は以下の1点に集約されているような気がしました。

何冊も問題集をやるということはせずに、薄い問題集を1冊やりこんで、間違ったところだけ繰り返し解いて、覚えるまで徹底して反復学習する

〜参考までに〜

かの有名なドラゴン桜でも、数学については特に反復することが大切と述べているそうです。

ドラゴン桜式 科目別学習法〜数学〜

私が実際に使った参考書はこれだ!

1冊の参考書だけをひたすらやり続けることが大事だとわかってはいましたが、やっぱり2冊ぐらいは勉強しようかなと思って購入した本がこちら。

①中学3年分の数学が14時間でマスターできる本

14時間で中学3年分の数学がマスターできる。。。

なんて、魅惑のフレーズ。

とにかく、すっきり忘れ去った数学を思い出すべく全体像を把握しようと思って購入した本です。

本当に基本的な問題しかありませんが、基本的な問題をちゃんと解けることが大事だと思うので、とても重宝した本でした。

とにかく1度全て目を通して、中学数学で習う内容が把握しました。

しかし、問題演習という点では内容が薄かったので、次に追加した1冊で繰り返し問題を解きました。

②語りかける中学数学 問題集

この本、すっごい厚みなんですよ!

なんと、1,023ページもあります。

ひゃー!さすがの私も全ての問題を解くことはできませんでしたw

しかし、厚い本だけあって中学数学がほとんど網羅されていたため、自分が本当に苦手とする問題が必ず見つかると思います。私も、自分が苦手な分野の問題を重点的に問きました。

こんなに厚い本をやり込んだんだから、絶対合格するだろう!!!

と思って、この本で数学問題をやってました。

まとめ:中学数学は難しくない!誰でも努力すればできる!

本当に、中学から高校を通して赤点スレスレ、もしくは赤点を取っていた私。

看護学校は数学が得意じゃないと合格できないと思いがちですが、基本的な問題を解ければ合格できると思います。

こんな私でも、この2冊の問題集をひたすら解くだけで合格できましたから。

それよりも大事なのは、国語だと思います。

看護師は毎日記録を書きます。誰が見ても伝わる文章を書くことが大事です。

私は国語は得意でしたが、念のため国語の勉強をしました。次回は国語についての勉強法をお伝えしますね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする