准看護学校の試験勉強に使った参考書はこれ!まずは過去問で出題傾向を知ることから!

年も明けて半月が経ちました。

年の初めは、今後の人生を考えて新しいスタートを切ろうと考えている方も多いと思います。

かくいう私もそうです。

今年は岩盤浴つきのジムに通おうかな、と思っている今日このごろw

さて、今年こそは准看護学校を受験しよう!と考えている方もいらっしゃるのではないかと思います。

そこで、私が准看護学校を受験した際に使った参考書をご紹介したいと思います!

Sponsored Link

まずは出題傾向を把握しよう!

当たり前のことですが、まずは受験したい学校の受験科目を把握することから始まります。

准看護学校の受験資格は、中学校卒業または同等以上の学力を有する心身ともに健全な者となっています。

ですので、中学校3年間で学習する内容の範囲で試験が出されているところが多いです。

・・・?

「昔過ぎて、中学校で勉強した内容なんて忘れちゃったよ」

という心の声が聞こえてきそうです 笑。

私もはるか昔のことなので、中学校卒業程度の学力がどうなのかわかりませんでした。

ですので、Amazonで検索しまくって見つけたこの本で、准看護学校の入試情報を把握しました。

全国の准看護学校の試験問題が掲載されています。

私が受験した学校はほぼ数学と国語だけでしたが、社会や理科も出題される学校もあるようですね。

各教科ごとの傾向や対策が紹介されていました。

この本を読んでやったこと

私はこの本をざっとみて、自分がどこまでできるのか、苦手分野はどこかを把握することにしました。

社会人にとっては、国語は割と勉強しなくても大丈夫な分野ではないでしょうか。仕事ではメールなどで文章によく接するし、漢字もよく使いますよね。

私は国語は得意分野なので特に改めて勉強する必要はないなと思いました。

しかし、問題は数学。

数学は中学生の頃から赤点ばかり取っていたので、本当に基本的なことからやり直さないといけないなぁと痛感しました。

この1冊の問題をやり込んで、全部解ける!という状態まで持ってこれば大丈夫だと思います。私は、この本をもう2冊数学の問題を解きましたよ。

[card url=http://riutiujournal.com/archives/2323]

文系が得意な人は割と多いと思うので、他の受験生よりも優位になるには数学を伸ばすしかない!という結論に達した私でした。

まとめ;まずはこの本で准看護学校がどのような試験内容であるかを確認すべし!

准看護学校を受験しよう!という向上心あふれまくりの方がこの記事を読んでいると思います。

本当にがんばって欲しいです!

私もいろいろな仕事を経験して、最終的に看護師(正確には准看護師)という職業を選んだのですが、本当に看護師になってよかった!と日々痛感しています。

がんばればがんばるほど報われる仕事だと思いますよ!

まずは、受験して学校に入ることがスタートですので、十分な対策と勉強をして試験に望んでくださいね。

この本は、受験校のデータもあったような気がする(すいません、うろ覚えなんですが汗)ので、学校選定の際も役に立つと思いますよ!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする