准看護師になろうと思ったきっかけ①

スポンサーリンク

なぜ、私は准看護師になろうと思ったのか、
そのきっかけを綴りますね。

看護師になるためには、色々なルートがあります。

★高校の衛生看護科に行く→その後、正看護師取得コースへ。
★中卒後、准看護学校に行く→その後、正看護師取得コースへ。
★高卒後、正看護師の看護学校に行く
★大学の看護学部に入る

などなど。

ちなみに私は、一般大学卒→しばらく働く→准看護学校に入学、卒業

というコースです 汗

一番早く看護師の資格を取る事が出来るのは、

高校の衛生看護科に入り、短大で正看護師のコースをとれば
20歳で働きはじめることができます。

高校からですので、どっぷり看護師になるために
生活を捧げるわけですね。

本当に、すごいと思います。
おそらく、高校を卒業して看護学校に入学し、
卒業して正看護師として働く方が多いと思います。

私が働いている職場でも、そのコースを取る方が多いです。

私がなぜ准看護師になろうと思ったのか、お話しますね。

私は身内に看護師がいます。

小さい頃から、その身内は夜勤などもいっぱい入っていました。

大好きな身内だったので、私が当時休みだった土日に
その方の家に遊びに行っても、寝ているor仕事で留守
であることが多かったです。

そして、そのことをとても寂しく思っていました。

一緒に遊べないことを、「看護師だから忙しいのだなぁ」と
いう結論に結びつけてしまい、
私は看護師は3Kのきつい仕事なので、
絶対に看護師だけにはならないでおこう、と幼心に決めてしまったのでした。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする