日本の伝統的な食材!からだに優しい「マゴワヤサシイ」食材を食べよう!

By: Learns

30代も半ばを過ぎて、最近食事に気をつけていこう!と決意新たにした私。

好き放題食べても体に影響がないのは20代だけ!

これからは、自分の体のために良いものを食べていこうと思っており、いろいろ調べています。

と、そこで見つけたのがこの本。

「マゴワヤサシイ?」

何ですか、それは。

ということで、図書館で借りて読んでみました。

Sponsored Link

「マゴワヤサシイ」って何?

「マゴワヤサシイ」とは、この本の著者の山田豊文先生が推奨している、正しい食事のベースとして食べたいものの頭文字を並べた語呂合わせのことです。

詳しくみていきましょう〜。

「マゴワヤサシイ」は、以下の頭文字を取ったものなんです!

(メ)・・・大豆、納豆などの豆類
(マ)・・・ごま、ナッツなどの種子類
(カメ)・・・わかめ、昆布などの海草類
(サイ)・・・緑黄色野菜、淡色野菜など
(カナ)・・・魚介、とくに小魚の青魚類
(イタケ)・・・きのこ類
(モ)・・・さつまいも、里芋など

この本で山田先生は、

マゴワヤサシイを呪文のように唱えながら、「昼食では『ヤ』を食べよう」「今日の夜は『マ』がたっぷりの献立に」といったように、1食では無理でも1日の食事全体で7つの食材をクリアすることを目標に、今日からすぐに実践してみましょう。

と述べています。

「マゴワヤサシイ」をすべて食べるのは、働く女子にとってはかなり難しそう。。。

しかし、からだのためには1こでも2こでも食べていくことが大事なのだと思います。

では、「マゴワヤサシイ」食材のどういったところがからだにいいのでしょうか?

山田先生がマゴワヤサシイを薦める理由とは!

山田先生は、このマゴワヤサシイ食材をとることによって、以下の5つのメリットがあると述べています。

①体内のミネラルバランスを維持する

②体内の脂肪酸バランスを維持する

③からだのサビ止め
 (抗酸化栄養素)が豊富

④食物酵素を得る機会が多い

⑤腸の健康に役立つ

うん!からだによさそうな効果ばかりですね!

まとめ:からだによさそうな「マゴワヤサシイ」食材!

「マゴワヤサシイ」レシピ。

昭和の時代は、「マゴワヤサシイ」食材ばかり食べていたんでしょうね〜。だから日本人は長寿だったのだと思います。

しかし、今は日本も豊かになってきて、食べたいものを食べたいだけたべることによって、糖尿病等の生活習慣病にかかる人が増えてきています。

健康的に末永く生きていきたいと思っているので、マゴワヤサシイレシピで体内年齢を上げていきたいと思いました!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする